PRP TreatmentPFC-FD療法

自己血液を活用した
無細胞 PRPFD(Freeze Dry)注射

自己修復機能を一時的に活性化させる作用があるPRP-FD。
長く続く関節の痛みを短期間で治癒させることが可能です。

  • 血液でつくる自分だけの治療
  • 手術ではなく注射のみ
  • 軟骨や半月板の修復促進

費用 154000円(税込)

こんな方に
おすすめの治療です

膝が痛くて歩きにくい

膝が痛くて
歩きにくい

グルコサミンを毎日飲んでいる

グルコサミンを
毎日飲んでいる

ヒアルロン酸注射を何度も打っている

ヒアルロン酸注射を
何度も打っている

変形性膝関節症と診断された

変形性膝関節症と
診断された

PRP-FD注射
3つの特徴

自己修復機能で効果持続

自己修復機能で効果持続

血液の再生パワーで膝の自己修復機能が活性化。
根本治療が可能なため、効果が長期間持続します。

注射のみの低負担治療

注射のみの低負担治療

採血と注射で完了する低負担な治療です。
また、自分の血液からつくられるため、拒否反応の心配がありません。

プロスポーツ界でも普及

プロスポーツ界でも普及

傷の修復に有効な血小板を利用した治療は、プロアスリートも採用する先端治療。
PRP-FD注射はそんな血小板治療の一種です。

PRP-FD注射の
メカニズム

PRP-FDは、傷を治す血小板由来の成長因子を高濃度にして機成しています。
関節内に直接注射することで、それらの成長因子が損傷部分に働きかけます。

成長因子の働き01

コラーゲン産生

コラーゲンは骨や血管を作るのに欠かせない成分。PRP-FDにはそのコラーゲンを産生する成長因子も含まれています。

成長因子の働き02

修復細胞の招集

血小板に含まれる成長因子には、傷の修復に必要な細胞を呼び寄せる性質があります。

成長因子の働き03

修復促進

細胞分裂を活発化させ、自己修復機能を一時的に高めます。

PRP-FD注射のメカニズム

ヒアルロン酸注射との比較

  ヒアルロン酸注射 PRP-FD注射
疼痛改善 個人差あり 高い効果
治療時間 数分 数分
治療に伴う痛み ほとんどなし 2~3日の鈍痛
効果の持続性 1週間程度 上手くいけば、持続的効果

※PRP-FD生成に2週間程度かかります。
※効果には個人差があります

PRP-FD注射の流れ

PRP-FD注射の流れ
問診・診察

問診・診察

痛みや違和感の程度、これまでの治療についてお伺いします。

採血

採血

約50mLの自己血液を採取し、細胞加工センターに送ります。

検査・加工

検査・加工

感染症検査後に、クリーンベンチ内の無菌的環境下で生成します。

注射による治療

注射による治療

局所麻酔を行うので、治療中の痛みはほとんどありません。

FAQよくある質問

効果はどのくらい持ちますか?
PRP-FDが活発に作用するのは約1ヶ月。
修復した組織(軟骨など)がなくなることはないので、その間に完全に修復されれば完治、つまり持続的効果があると言えます。
貧血でも治療できますか?
PRP-FD生成のために約50mLの採血を行いますが、貧血が進行する量ではありません。ご安心ください。
治療後は安静にした方がいいですか?
いつも通りに生活していただいて問題ありません。しっかりと動いた方が、柔軟な関節を保つことができます。
ページトップへ